新築住宅の雨漏り修理【10年に1度の定期点検が重要】

新築住宅でも他人事ではありません

家

雨漏りは築年数が経過した古い住宅に発生すると思っている人も多いようですが、新築住宅の場合でも、雨漏りで悩んでいる人は多くいます。経年劣化以外の原因で住宅に雨水がしみ込んでしまうこともあります。ここでは、新築住宅で発生する雨漏り被害の原因を紹介します。

災害による原因
夏になると台風のシーズンになるので、台風の被害が多く発生します。新築住宅の場合でも、強風によって屋根瓦が飛ばされてしまったり、飛来したものが住宅に衝突したりすることもあります。特に「軒」と「ケラバ」は被害を受けやすい場所で、雨漏りの原因になります。
設計上の問題
伝統的な日本家屋だけじゃなく、最近は構造やデザインが複雑な住宅が増えてきています。外壁や屋根で受けた雨水をできるだけスムーズに地面に流すことにより、雨漏りを防ぐことができます。そのため、構造やデザインが複雑だと、新築住宅でも雨漏りする可能性があります。

築10年以内なら保証が適用される場合がある

新築住宅の品質を保証するために、「住宅の品質確保の促進等に関する法律(品確法)」があります。品確法では、雨漏りの瑕疵保障期間が10年と決められています。雨漏り修理をせずに放置することで、住宅が劣化して、倒壊する可能性も考えられるからです。もし、新築から10年以内に雨漏りが発生したら、品確法に該当する住宅なのか調べてみましょう。業者が無償で雨漏り修理をしてくれるケースもあります。

定期点検を行ないましょう

雨漏りの状態を確認することは難しいので、10年に1度は定期点検を行ないましょう。天井から雨水が落ちてきたときには、被害が甚大になっていることもあります。劣化による亀裂やヒビ割れを初期段階で発見することで、雨漏り被害を防ぎ、修復に必要なコストを抑えることができます。雨漏りを防ぐためにも、10年に1度の定期点検が大事です。

TOPボタン