効果の高い防水塗料【雨漏り修理の頻度を少なくできる】

メンテナンスの目安になる防水塗料の劣化症状

男性

太陽光に含まれている紫外線が、防水塗装を劣化させる主な原因です。紫外線から防水塗装を守るために、住宅の屋根や屋上、外壁にはトップコートを使用することが一般的です。トップコートを施すことによって、防水塗装を保護するので、耐久性を維持することができます。雨漏りしない住宅にするために、重要なトップコートの劣化状況をメンテナンスの目安にしてください。3年~5年に一度はメンテナンスをしてください。

防水塗料によって異なる効果

現在、防水工事で使用されている防水塗装は、種類によって効果や耐久年数が異なります。しっかりと把握して、自宅に最適な防水塗装を選ぶことが重要になります。ここでは、代表的な3種類の防水塗料を紹介します。

ウレタン系塗料
ウレタン樹脂の耐久年数は、8年から10年を目安にして、防水塗装を行なってくだい。主成分は柔らかくて密着性に優れています。とてもバランスが整った防水塗装で、シリコン樹脂塗料が開発される前にはウレタン系塗料が最も普及していました。
シリコン系塗料
現在の防水塗料の主流となっている塗料で、耐久年数は10年から12年になっています。塗装後はとても綺麗に仕上がりますし、低価格で効果を維持できます。塗る部分に合わせて塗料を使い分けることができる防水塗料です。
フッ素系塗料
ウレタン系塗料、シリコン系塗料よりも高額ですが、耐久性が15年から20年となっていて、建築現場以外でも飛行機にも使用されています。耐久性を長期間維持するだけでなく、外観も綺麗に保つことができます。
TOPボタン